事前に、ビジネスマナー、プレゼンテーションについて、マナー講習會を開催するので、出席すること。
就業規則の導守
  1. 受入先の就業規則を遵守すること。
  2. 遅刻、無斷欠勤は厳に慎むこと。
  3. 実習期間中に病気または緊急の要件などにより欠勤する場合には、必ず実習責任者または実習指導者に事前連絡すること。
  4. 出社時は、最低限、定刻の15分前には自席に著くよう心がけること。
  5. 安全に関する指導事項を厳守し、許可なく指定外の場所に立ち入ったり、設備や製品などに觸れたりしないこと。
実習中の注意事項
  1. 実習指導者の指示を遵守すること。
  2. 離席または職場を離れるときは、行き先や用件を実習指導者または関係者に告げること。
  3. 私用電話は厳禁。
  4. 許可なく寫真撮影をしないこと。
  5. 実習指導者への報告?連絡?相談(ホウ?レン?ソウ)を勵行し、それぞれ的確かつ簡潔に行うよう留意すること。
  6. 毎日実習した事項を簡潔にまとめ、提案?質問事項も含めて「実習日報」を作成して実習指導者に提出する。
  7. 退社前には、翌日の予定?計畫を確認すること。
  8. 実習期間中に事故が生じた場合は、実習指導者に連絡して指示を受けること。同時にキャリアセンター(または學生課)と保険會社に連絡すること。
  9. 出退勤の途中で事故に遭遇した場合は、実習中の事故の例にならい、速やかに関係先に連絡すること。
守秘義務

実習中に入手した企業內情報は外部に漏洩してはならない。特に、次の情報については注意すること。

  1. 新製品開発に関する情報
  2. 競合他社に察知されると営業上不利になる情報
  3. 売上目標?売上実績?営業対象などになる情報
  4. 顧客である法人?個人の情報
  5. 新規事業を推進するセクションの情報
  6. 社內資料の無斷コピーや無斷持出しは厳禁
最終日
実習の最終日の就業時間終了後には、指導いただいた関係者にお禮の挨拶をし、指導の擔當者に「評価表」の作成と、當センターへの郵送をお願いする。
企業からの要請があれば、「感想文」または「報告書」を提出すること。
終了後
  1. 速やかに受入先企業?団體の擔當者または指導者に禮狀を出す。
  2. 各學科のインターンシップ擔當教員のもとへ直ちに終了報告をすること(インターンシップ終了後最初の出校日でも可)。
  3. 同時に、「実施報告書」及び「日報」を當センターへ提出すること。
  4. インターンシップ事後報告會(面談で置き換える場合もある)を実施するので留意のこと。
    事後報告會の日時はインターンシップ擔當教員から別途連絡する。

関連資料

インターンシップ參加を希望する學生は、必ず読んでください。
自宅から実習先までの定期券を申請できます。
交通機関によっては、実習期間を含む1か月定期券を購入した方が、交通費が安くなる場合があります。
希望する學生は実習先が決定次第、速やかに學生課へ所定の書類を提出し、申請してください。
在學生の方
関連リンク
PAGE
TOP
国产在热线精品视频99