國際交流への取組み 國際交流

國際レベルの人材育成を目指して

愛知工業大學では「創造と人間性」を教育モットーとして、21世紀のグローバル化した社會で求められる人材の育成のために様々な國際交流プログラムを積極的に推進しています。研究?教育の質を國際的レベルに高めるために、海外の大學や研究機関と連攜し、學術や學生の相互交流を促進するとともに、愛知工業大學の學生の異文化理解を深める機會を増やすために海外留學?研修プログラムの提供を行っています。また、留學生の日本での學修?生活環境の充実を支援することにも力を入れています。愛知工業大學は建學の精神である「自由?愛?正義」の理念を踏まえ、全學體制で國際交流を推進していきます。
中國?東南大學との交流
  • 中國?東南大學との交流
愛知工業大學と中國との國際交流は、1971年(昭和46年)に初代學長?後藤鉀二が中國を訪問し、周恩來首相と會談した「ピンポン外交」以來、長年にわたって続いています。1980年(昭和55年)には中國南京市にある南京工學院(現?東南大學)と姉妹校提攜を結び、今日に至るまで活発な交流を行っています。主に、教員の相互交流と特別講義、共同研究、學生相互交流、中國語修得のための學生の派遣、日本文化研究のための學生の受入れ、共同學位プログラムの実施など、様々な交流を行っています。
ピンポン外交
  • ピンポン外交

初代學長?後藤鉀二が、1971年(昭和46年)1月に中華人民共和國?北京人民大會堂において周恩來首相と會談し、名古屋市で開かれる第31回世界卓球選手権大會に、當時國交のなかった世界最強の中國からチームを招聘する話がまとまりました。後の米中接近、ニクソン訪中、日中國交正常化への足がかりをつくったこの偉業は、「ピンポン外交」として今日にも語り継がれています。

PAGE
TOP
国产在热线精品视频99